水井真希のプロフィールと性被害の過去とは?ツイートがつらい

当ページのリンクには広告が含まれています。
水井真希のプロフィールと性被害の過去とは?ツイートがつらい
  • URLをコピーしました!

2023年7月28日、女優で監督の水井真希さんが亡くなったことが報じられました。

姉によりtwitterで報告があり、水井さんは享年32歳でした。

水井真希さんのお姉さんが水井さんのツイートを生きた証として残すと伝えられました。

また過去にはその原因となったのでは?と言われるツイートがありました。

こちらの記事では

  • 【画像】水井真希が死去・プロフィール
  • 水井真希の過去ツイート内容がつらい
  • 水井真希の性被害のつらい過去

というテーマでお伝えします。

目次

【画像】水井真希が死去・プロフィール

画像
@mmizui

2023年7月28日、女優で監督の水井真希さんが亡くなったことがわかりました。

水井真希さんのお姉さんが水井真希さんのtwitter(X)で永眠したことを報告しました。

ツイートによりますと亡くなったのは7月23日でした。

2023年7月23日、水井真希は永眠いたしました

昨日、家族にて見送りは済ませております

生前、皆様にはご迷惑をおかけし

また、大変お世話になりました 今まで本当にありがとうございました

twitter

上記のメッセージで、感謝の言葉も綴られました。

死因につきましては、現時点で言及されていません。

ただ、過去に情緒不安定になるつらい出来事があり、精神疾患を患っていたという話があります。

そのことから、2023年7月23日頃、突然亡くなったのではないかと憶測されています。

プロフィール

名前   水井真希 みずい まき

生年月日 1990年8月10日

身長   160㎝

職業   グラビアアイドル、女優、映画監督、脚本家

出演作

『リボンの武士』『ウィッチスレイヤー』『歯まん』『アクション幻想曲(仮)』「進撃の巨人 ~ 反撃の狼煙」『虎影』『マリア狂騒曲』『イチジクコバチ』『終わらない青』

 

水井真希の過去ツイート内容がつらい

先ほどの水井真希さんが亡くなったことを知らせる姉のツイート文。

その下にもう一つメッセージがありました。

このTwitterアカウントに関して

言葉や表現が不適切な部分が

たくさんあったかもしれませんが

水井の生きた証の1つとして

一旦このままにさせていただきたいと思います

twitter

水井さんの過去ツイートで、言葉や表現が不適切な内容とは?

水井さんが自分のつらい気持ちをつづったツイートはこちらです。

水井真希の性被害のつらい過去

水井さんは10代の頃、通りすがりの男から性被害を受けたことがあり、それが実は連続事件の1件目だったとのことです。

水井さんはグラビアで芸能活動を始めて、その後女優として映画に出演したほか、監督としても活躍していました。

また3年前のアベマにも出演し、性犯罪者に対するGPS検討について意見を述べています。(上の動画)

水井さんが出演した番組の動画を共有させていただきます。

しっかりとした意見を言っていて、被害者の苦悩や厳罰化について深く考えさせられる内容です。

また10代の時に自ら被害者となった事件をモチーフに制作された2015年初監督作品「ら」でも知られています。

※監督脚本映画【ら】はU-NEXT配信中です。

一方、2022年に、仕事関係者から性被害や暴力を受けていたとTwitterで告発したことでも話題となっていました。

2022年8月30日、水井真希さんが性被害の告発をしました。

その相手は誰だったのでしょうか?

相手はある映画監督でした。

その内容は?

アシスタントと称して、女性をノーギャラ(無報酬)で労働させた上、性被害・暴力を加えたとして、アシスタント本人である水井真希さんが告発しました。
(Wikipediaより引用)

実際には水井さんのからの一方的な主張で真偽のほどはわかりませんが、当時の水井さんの主張内容はかなり具体的で、その告発はtwitter(X)で綴られています。

双方言い分があるようですので、概要のみのまとめとさせていただきました。

ネットでは

地獄のようなスレッド

などと非難の声が高まっていました。

まとめ

水井真希のプロフィールと性被害の過去とは?ツイートがつらい

というテーマでお伝えしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次